work

検索

駆け出しエンジニアのための検索テクニック

jag

「毎日の学習の記録」と「経験から伝えられる情報」。これがこのブログのメインコンテンツです。筆者は2020年8月に葬儀スタッフからエンジニアとして転職して駆け出したばかり。だからこそ伝えられる情報・日々の学びを発信していきます。

かけだしコアラ
そもそも検索力ってなに?

まず知っておくべき検索テクニックを知りたい

こんな疑問・希望に答えます。

本記事では、30歳からプログラミングスクール『TECH CAMP』に通い、システムエンジニアとして転職した僕が、スクールや職場で学んだ『検索テクニック』をまとめています。

プログラミングの学習を始めたばかりの方

分からない事があるけど、どうやって調べたらいいのか分からない方

こんな方の役に立つための記事として書きました。

では早速いきましょう。

検索力とは

エンジニアにとって 検索力 が大事だとよく言います。

検索力はエンジニアにとって『課題を解決する力』とイコールです。


まず第一に、エンジニアは開発や運用などを通して日々たくさんの問題にぶつかります。

それはエラーだったり、自分に知識が足りなくて解けない問題だったり。

しかも開発や仕事には期限が設定されている場合がほとんどです。

この限られた時間の中で情報を集め、問題を解決することがエンジニアには常に求められます。

そこで必要となってくるのが 検索力

検索によって必要な情報をいち早く探し当て、問題を解決する力が 検索力 と言うことになります。

初学者には特に大事な検索力

特にプログラミングを始めたばかりの頃は本当に多くの問題に直面します。

すぐに先輩エンジニアやメンターに質問出来る状況であればいいですが、そう言う状況はあまり多くはないでしょう。

自分で答えを探すしかない時間の方が圧倒的に多いと思います。

正直、分からないことが多いのに自分で調べなければならない状況は結構ストレスです。

せめて、どう検索すれば自分の求める答えにたどり着きやすいのか。

それを知っているだけでもモチベーションを落とさずに学習を進めることが出来ます。

そのための武器として、これから紹介するテクニックが役立てば嬉しいです。

google検索で使えるテクニック

当ブログでは主にgoogleを使った検索手法をまとめていきます。

複数条件検索

このような検索の仕方をしている方は多いと思います。

キーワードをスペースで挟んで検索することで、そのキーワードに関連するWebサイトを探すことが出来ます。

複数条件検索

完全一致検索

キーワードを""(ダブルクォーテーション)で挟むことで、そのキーワードと完全に一致する言葉が含まれるWebサイトを探すことが出来ます。

例えば、「phpのライブラリ」と言うキーワードで検索する場合、""(ダブルクォーテーション)を付けない場合には「php」や「ライブラリ」と言うキーワードを含むWebサイトも表示されます。

しかし完全一致検索の場合は、「phpのライブラリ」と言うキーワードを含むWebサイトのみを表示します。

明確なキーワード、フレーズがある場合は、完全一致検索が便利です。

完全一致検索

特定キーワードの除外

-(半角ハイフン)の後に、その検索で除外したいキーワードをいれることで検索条件を限定することが出来ます。

以下の例は「phpのライブラリ」を検索する時に、「クレジットカード決済」に関する情報を排除したい場合の検索例と言うことになります。

特定キーワードの除外

期間指定

これが最もプログラミング初学者に覚えておいて欲しい検索テクニックです。

google検索では、下記のように「ツール」から期間指定をすることで、指定した期間内に更新されたWebサイトのみを表示する機能があります。

エンジニアの世界の技術は次々と新しいものが出てきて、廃れていくのも早いです。

古い情報をここで除外することで、今、必要な情報にたどりつく可能性が高くなります。

期間指定

エラー文をそのまま検索してみる

プログラミング初学者にとって最も厄介なのがエラーへの対処です。

最初のうちはエラー文が出ると何をしていいか分からなくなるかもしれません。

エラー文を読んでも何をしたらいいか分からない場合、そのまま検索してみましょう。

PHP Parse error:  syntax error, unexpected '$count_values' (T_VARIABLE) in /workspace/Main.php on line 20

これは、あるphpのプログラムを実行した時のエラーです。

これを見て対処の仕方が分からなくなったとします。

その場合は、このエラー文から自分特有の部分である「'$count_values' (T_VARIABLE) in /workspace/Main.php on line 20」を除外してgoogle検索をしてみましょう。

エラー文検索

こうすると、同じエラーに悩まされた先人がその解決方法を解説している記事が見つかったりします。

特にプログラミング学習を始めたばかりの頃に出会う問題は、それだけ多くの方が経験してきたものである可能性が高いです。

エラー文を読んで長い時間悩むよりも、とりあえず検索してみる!と言うのが解決の近道であることも多いです。

最後に

いかがだったでしょうか。

僕が学習や業務を進める中でよく使う検索テクニックを紹介してきました。

検索力を高めるテクニックは他にもたくさんあるので、ぜひ"検索"してみてください。

また役に立つテクニックがあったら、その都度この記事に追加していきたいと思います。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

ではまた!

-検索

© 2021 jag blog Powered by AFFINGER5