work

駆け出しエンジニアの記録

駆け出しエンジニアの1ヶ月目をふりかえり!

2020年10月4日

jag

「毎日の学習の記録」と「経験から伝えられる情報」。これがこのブログのメインコンテンツです。筆者は2020年8月に葬儀スタッフからエンジニアとして転職して駆け出したばかり。だからこそ伝えられる情報・日々の学びを発信していきます。

かけだしコアラ
エンジニアの1ヶ月目ってどんな感じ?

未経験からでもちゃんとエンジニアとして働けるの?

こんな疑問に答えます。

本記事では、30歳からプログラミングスクール『TECH CAMP』に通い、システムエンジニアとして転職した僕がエンジニア転職のリアルな体験談を書き記しています。

エンジニア転職を考えている人、

近いうちにエンジニアとして出勤初日を迎える人にとっては参考になると思います。

では早速エンジニアとして働き始めた1ヶ月目について振り返っていきます。

分からないことだらけ!

エンジニアとして転職して最初の1ヶ月目はとにかく「分からないことだらけ」でした。

新しい会社のルールも分からない、人にも慣れないといけない、さらに今までやったこともないエンジニアとしての仕事…

毎日頭をパンパンにしながら食らいついていくような状況でした。

その中でも特にきつかったのがこれ。

何を話しているか分からない

会議や打ち合わせに参加した時に飛び交う言葉が理解出来ない。

プログラミング関係の言葉についてはある程度の覚悟していましたが…それ以前の問題でした。

先輩
明示的に言うと…

め、めいじてき?

先輩
今週取り組めなかったのでリスケします

り、りすけ?

人によっては「もう知ってます!」という方もいるかもしれませんが、僕は最初の方はずっとこんな感じでした。

言葉は分からないまま、どんどん話は進んでいくので、最初は分からなかった言葉をメモしておくので精一杯でした。

メモしておいた言葉はその日中にネットで調べる。

これを繰り返すことで、今ではなんとか大体の話の流れについていけるようになりました。

ただ、もうしばらくはメモが手放せない日が続きそうです。

ココがポイント

分からない言葉が飛び交うのは覚悟しておくこと。メモと検索が必須!

まずは話についていけるようになること。技術うんぬんの前にこれが大切ですね。

あと、地味にきつかったのがこれ。

今まで学んだことが通用しない

『TECH CAMP』で基礎は学んだものの、開発関係でも分からないことがかなりありました。

特に、開発環境構築Gitまわり。

使っている開発ツールが『TECH CAMP』と転職先ではまったく違ったんです。

まず、『TECH CAMP』ではmacを使っていたのに対して、転職先ではWindows

Git関連でも『TECH CAMP』ではGitHubを利用していたのに対して転職先ではTortoiseGit。

モノが違えば、なんだか学習したはずのGitについてもなんだかよく分からなくなるわけで。

そんな時に先輩に言われたのが、

先輩
プラットフォームに頼らず基礎となっている技術を勉強した方がいいよ

と言うことでした。

GitHubとかTortoiseGitとかのプラットフォームはいくつもありますが、元になっているのはGitというたったひとつの技術です。

ココがポイント

元になっている技術を身につければ、プラットフォームの違いに左右されることもない。

ネットや本で拾える知見も元になっている技術の方が圧倒的に多い。

これは真理だと思いました。

扱いやすいツールはどんどん出てきますが、そのツールが「どうやって動いているのか」という大元の部分に着目して学べるエンジニアになりたいですね。

※『TECH CAMP』ではGitについてもしっかりとしたカリキュラムがあります。今回の苦労はツールに頼りすぎてたツケです…

学んだ技術

最後にこの1ヶ月で僕が触れた技術について。

僕の最初の1ヶ月は、既存システムの運用がメインの仕事でした。

その合間でシステムの改修にチャレンジしてみる、という運用9:開発1といった感じ。

その中で触れた技術がこちら。

  • SQLserver
  • MySQL
  • SQL文
  • Excel 関数・VBA(マクロ)
  • Git
  • PHP
  • Zend Framework

この中でほぼ毎日触っていたのがSQLserverとMySQL。

そして、これらからデータを引き出し更新など行うSQL文。

とにかくSQL文を読んで書ける、もしくは加工出来るようにならないと仕事にならないような状況でした。

それまでSQL文には触れたことのない僕でしたが、1週間も仕事で触れていると、簡単なものならすぐに書けるようになりました。

よく使う構文って大体決まっているので、これから転職をされる方もそんなに心配することはないです。

実務で扱ったSQL文については後日記事にする予定ですので、よければまたお越しください。

SQL以外でいうとExcelでのデータ処理業務も結構多かったですね。

関数とか、VBA(マクロ)を少しでも触っていると大分楽になるかもしれません。

こちらもいずれ記事にしたいと思います。

とにかく、開発に関わる機会は少ない1ヶ月でしたが、運用の部分で学びの多い1ヶ月でした。

次のステップとしては「運用対応を出来るだけ自動化すること」です。

「業務の自動化」は開発の醍醐味のひとつだと思っています。

ここでもしっかり技術を習得して、ここで皆さんにシェアしていきたいと思います。

最後に

エンジニアとして転職して1ヶ月。

ここまで書いてきた内容だと、これから転職する方は「大変そうだな」と思った方も多いかもしれません。

その通り、めちゃくちゃ大変で毎日ヘトヘトになって帰宅しています。

でも、毎日自分の中に知識・経験・技術が積み上がっていくのを実感出来ているのが何より嬉しく楽しいです。

これからこのブログを自分でも利用しながら学んだことをシェアしていくので、これからもよろしくです。

記事にして欲しい内容などありましたら、いつでもメッセージくださいね。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

ではまた!

-駆け出しエンジニアの記録

© 2021 jag blog Powered by AFFINGER5